カテゴリー「[2] 青 (ブルー)」の383件の記事

2017年11月14日 (火)

具合が悪い

何をするのもしんどいので動画でも流して横になっていようと思うものの、何を流しても楽しめそうにないのでどうしたものやら
 

2017年10月17日 (火)

悪夢

まだあの人が夢に出てくるのか
 

人と接するのが本当に不快

いつもいつもそう思っているのだからもっと他人を敬遠すべきだ、などと言わずに徹底して断絶すべきだと思い直した
 

2017年10月 9日 (月)

無題

ゲームより独り言のほうが楽しいと気付いたので、今やっているゲームが自分にとって全然楽しくないのだと認識した
 

無題

ゲームをほったらかして延々と独り言を喋っていたらとても楽しくて喉が枯れた。
その状態でふと音楽を流したら今まで気にしたこともなかった粗が耳について、好きなはずの曲が酷い出来に聴こえた。
そのことから自分の感覚が鋭敏になっていると気付くと同時に心臓の脈打つ速さが気になりだして息苦しくなった。
以上のことから、息苦しさを緩和するためにゲームをすべきだという思考に至った。
 

2017年9月27日 (水)

嫌になる

他人が本当に嫌いだ
 

2017年8月30日 (水)

衰弱

身体が昨日よりもほんの少し疲れている
どう過ごしても治らない
それが毎日続いている
 

2017年8月20日 (日)

痙攣

右目の眉の端のあたりが、眉間に皺を寄せたり戻したりを高速で繰り返した時のような感じで痙攣している
 

2017年8月12日 (土)

心が弱っている

何もしたくないが、何もしないことに耐えられない
 

2017年8月 9日 (水)

行動した結果、足を痛めた

近年の自分は、容易に解決できる問題でも放置してしまう悪い癖がある。
それによって日々が不快になり続けようとも、何もしない方を選んでしまうのだ。
我慢の限界になればさすがに何とかするが、変に辛抱強く耐え続けてしまうことが多くて良くない。
 
そうして年単位で放置していたとある案件が先日とうとう我慢の限界を迎え、その日の内に解決してとても快適になった。
しかしその際に足を痛めるという思わぬ代償があった。
右足を曲げる時に体重をかけなければ(もしくは曲げなければ)大丈夫なのだが、痛めずに済む立ち方や座り方をまだ理解していない。
階段の昇り降りさえもまだ身体に馴染んでいない。
(階段については、昇りは全て左足から、降りは全て右足から、というだけで右足を曲げずに済むのだが、無意識に踏み出して失敗してしまうことが多い)
 
こんなことになるなら何もしなければよかったと後悔してはいないつもりだが、今後もなるべく何もしない方を選んでしまう材料にはなってしまうだろうなと感じる。
 

より以前の記事一覧