カテゴリー「[2] 青 (ブルー)」の356件の記事

2017年7月21日 (金)

別れ

かつての友人たちに橋をかけてやったが、彼らにそれを渡る理由はない。
彼らが探偵ごっこでもすればこちらに気付くことができただろうが、普通の人間は普段そんなことをしない。
そして僕は黙ってその橋を外し、彼らとの接点を断つ。
 

2017年7月19日 (水)

腕のそこいらが痛い

肘から先のどこか、あまり一定でない位置がやや痛い
 

2017年7月14日 (金)

他に誰も居ない

自分の中で興味関心の力関係があって、好きなものはその勢力を拡大するが、好きでもうまくいかなかった勢力は滅びて焼け野原となる。
そうして自分の中の失敗作を葬ることで今日まで生きてきた。
何かを好きだった過去を憂うとしたらそれは己の中の焼け野原に対してであり、自分以外の何かに対する感情ではない。
 

話題の整理

モチベがどうのこうのの記事と女がなんちゃらの記事に関連性は一切ない
モチベ云々はその女性とは全く関係のない事象に対する話
 

冷めたわけではない

嫌いになどなっていないし、好きだったことを忘れていないし、心変わりも目移りもしていない。
自分が最後に恋をした相手だったはずだと思う。
ただ、彼女に恋をしていた自分がもう存在しないので、気持ちが復元される可能性はない。
そして、ほぼ己の欠落に対してのみ、心を痛めている。
 

再会

もう何年も前に恋人ごっこをしていて喧嘩別れした女性からメッセージが来ていた。
無視したわけではないが、もう交流を持ちたいと思えず冷淡な態度を取ってしまった。
彼女のことを好きだった自分はとっくの昔に死んでしまった。
 

モチベが高すぎる

あまりにも落ち着かない
 

モチベが高い

とある事象に対する自分のモチベがひたすら高まっている状態に痛々しさを感じてしまった。
ちょっと世間に毒されすぎだろうか。
もっと脇目も振らずに突き進みたい。
 

2017年7月 6日 (木)

暑いのに寒気がひどい

どうしろと
 

2017年7月 1日 (土)

白くて細い棚

夢の中のその棚には、手紙の下に領収書などが大量に入っていた
下段の引き出しには子供の頃に遊んだオセロが入っていた
そんな棚は実際には無かった
 

より以前の記事一覧