カテゴリー「このブログ」の12件の記事

2017年4月29日 (土)

目次のbackに生じていた問題を解決?

トップページの目次のbackで遡ることができるページ数が制限された状態になっていたので直した(と思う)。
 
5ページ程度しか遡れない状況になっていて、最初は一時的な問題かと思ったが、日が経ってもそのままだったので対策しないと直らない可能性が高いと判断。
1.98*5.1=10.098というタイトルの記事があったのだが、ここに含まれる文字(記号)のどれかが何らかの条件下で目次スクリプトの動作を阻害するのではと推測した。
とりあえずその記事のタイトルを変更したところ、更新が反映された直後から目次のbackが正常に最後まで遡れるようになった。
但し、原因と推測した記事タイトルの文字列を用いたテスト記事を新たに作成しても不具合を再現できなかったので、確証は持てなかった。
 

2016年11月15日 (火)

このブログの読み方

カテゴリーから自分に合いそうなものだけを選んで読むべき
 

2016年10月16日 (日)

方針変更?

もっと、あらゆる説明を徹底的に放棄すべきだと思えてきた
 

2016年6月27日 (月)

ゲーム系の記事を一部復活

気分でまた非公開化する可能性アリ
 
追記:結局また非公開化した

 

2016年6月 6日 (月)

ゲーム記事の非公開化

前にもこんなことがあった。
検証中は記事にして公開したくなるが検証が落ち着くとそうでなくなる性分のようだ。
 

2016年5月19日 (木)

ゲームの記事

特定のゲームについて掘り下げていた記事を非公開にした。
せっかくそういうワードで検索して来てもらっても、こういうブログだから何だかなぁ、と。
 

2015年10月 4日 (日)

言いたいこと

言いたいことは全て書いている
書いてあること以外に言いたいことなど存在しない
 

読点

僕の文章はしばしば、読点をわざと若干多めに打つことがある。
理由は、人を見下しているからである。
他人の読解力を低くみているから、幼児向けに一語ずつ区切ってゆっくり言い聞かせるのと同じ理由で、読点を若干こまめに打っている。
 
だからといって、読解力の低い人にも伝えたいという欲求があるわけではない。
誤読されるのはとても不快なので、それを嫌っているだけだ。
なので、本当はそんな連中は排除したいし、過剰な句読点も打ちたくない。
 
尚、ここで言う読解力とは、事実として何が書いてあり何が書いていないかを正確に認識し、それらを己の独自解釈と混同しないことを指す。
世の中の大多数にその能力が無いことは知っているが。
 

2015年10月 2日 (金)

カラー

カテゴリ分けは前々から何度も試みては失敗していたが、内容のカラーで分けることでようやくしっくり来た。
何かのジャンルの話題があまりなく、色々な気分をぶちまけているので、この分類法に行き着いた。
ほとんど見かけない分類法なので抵抗はあるけど。
 
せっかくカラーで分けたので、各カテゴリの記事数に応じて混ぜると何色になるかを算出してみる。
RGB値それぞれの加重平均。
 
 
Photo_2
 
 
■この色になった。
R130 G57 B82
16進のカラー表記で823952
 
赤紫と表現すればいいのかな?
そもそもカテゴリの配色が赤紫寄り(平均R136 G83 B115)なので、それをやや濃くした程度。
基本的に吐け口として使っているわけだし、まあこんなもんだろう。
 
これが自分の心の色だとはあまり思わないが、まあこのブログの内容は現時点でこんなものかも。
嫌いな色ではないので、このブログの配色に使うことにする。

 

ブログタイトルの白とカテゴリの白は別物

最近になって記事をカラー分けしたが、カテゴリの白とブログタイトルの白は関係無い。
 

より以前の記事一覧