« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の39件の記事

2017年5月30日 (火)

小学校前に首のない鳥だってさ

動物は汚いので嫌いだが、動物の死骸が街中で発見された等のニュースは何故かワクワクする
 

死んでれら

あはははは
 

チキン

おいしい
 

攻撃性を持て余す

何かに刃を向けたいが何にも接したくない
 

2017年5月28日 (日)

ナタデココを最近食べていない

ふと気付いた
 

合掌されていた

【吉報】
落語家の桂歌丸さん(80歳)が、6月3日の復帰を発表されました。
御活躍をお祈りします。
 
 
 
↑これが訃報だと思う人、文字を読めないにもほどがある
 

2017年5月27日 (土)

自分の子供の言動をSNSに晒す親

死ね
 

2017年5月23日 (火)

自分が近い内に死んだらそれは他殺であり、犯人は父

自分が近い内に死んだらそれは他殺であり、犯人は父。

続きを読む "自分が近い内に死んだらそれは他殺であり、犯人は父"

父は助けに来なかった

自分は風呂に入ってシャワーを浴びながら思考にふけってしまう癖があり、今日も3時間くらい?延々と考え込んでしまった。
ふと我にかえって危険を感じて風呂から出たが、既にのぼせていた。
脱衣所のドアをあけて廊下の空気を入れないと蒸し苦しくてひどいことになるので、朦朧としながらドアを開けて廊下の空気を入れた。
そのまま脱衣所の入り口に倒れてしまい、うつ伏せのまま起き上がれなくなった。
風呂あがりに倒れることは何度もあり、こういう時は冷たい物を飲めば回復することを経験から知っていた。
しかし倒れたまま動けなければ自力で飲み物を飲むことができない。
廊下の空気を入れたお陰で蒸し苦しさは微かに和らいではいたものの、すぐに具合が良くなることもなく、動けないままだった。
倒れたまま息が苦しい状態が続いていたので、助けを求めようと思い至った。
あまり大声を出せる気がせず、大きな物音を立てる力もないので、二階の母にまで届く音は出せないと分かっていた。
しかし、廊下を挟んだすぐ向こうの部屋は父がいつも居る部屋だ。
脱衣所のドアを開けてその入り口に自分が倒れているので廊下は目の前だから、父のいる部屋と自分の現在地の間にはドア1枚しかない。
そのドアが厚いわけでもないので、父がいつもの部屋に居るならば少し物音をたてれば聞こえるのは明らかだ。
右手の肘から先は動かせたので、肘を立ててから拳を脱衣所のドアに振りおろした。
脱衣所のドアは直角に開いてタンスの止め金と接している状態で、自分が叩いたことによりドンと音がなった。
それほど力は込められなかったが、物音がしたことをドア1枚隔てた向こう側に伝えるには十分な音が鳴った。
連打はできなかったが、「ドン、……、ドン、……」という感じで何度も音をたてた。
過去の父であれば絶対に「うるさい」と怒鳴り込んできて僕のことを思い切りぶん殴っていた程度の物音をたてていた。
しかし、物音だけが廊下に虚しく響いていた。
父がその部屋に居るならば変な物音がしていることは伝わるはずだが、音をたて続けても反応はなかった。
「ミズ……」と声も出した。
その2文字を発するのがやっとで、それ以上言葉を続けることはできなかった。
呼吸が苦しくて、大声と言えるほどの声はあげられなかった。
かすれて音にならない時もあって、情けなくて涙が出そうになる時もあった。
時間を置いて呼吸を整えながら、物音もたてながら、何度も「ミズ」と声を出すことに挑んだ。
父は目の前の部屋に居ないのだろうと思いながらも、何度も挑戦した。
中にはうまくいく時もあり、明らかにドアの向こうに届く声を出すことができた時があった。
今のは絶対に届いた――そう確信した。
その直後、目の前の部屋から父の声がした。
笑い声だった。
いつものようにテレビを見て大笑いしているような、それとは少し雰囲気が違い嘲笑じみた悪意があるような、そんな笑い声が廊下に響き渡った。
極端な大声ではなかったが、目の前のドアの遮音性の低さを示すかのように、父の声は鮮明に大きく廊下に響いていた。
遮音性が低いのだからこちらの声や物音も届いていないはずがなかった。
テレビの音も外に漏れていることもあるが今日は耳を澄ましても聞こえなかったので、テレビの音が大きいせいで外の物音が聞こえないということもなさそうだった。
父は家でヘッドフォンやイヤホンを使うことも一切ないので、聞こえていないはずがなかった。
自分が精一杯の力を込めてあげた声や物音と、父の狂気じみた笑い声が、交互に廊下に響き渡っていた。
 
倒れてから十分ちょっとなのか数十分なのか分からない時間が経過し、右足を少し動かすことができた。
右足の裏を洗面台の下の収納の角に押しつけることができ、それを利用して起き上がれる可能性ができた。
頭が朦朧としていてよく分からなかったが、時間をかけてゆっくりゆっくりと考えた。
結局、右足の裏をそのようにして力点にして、肘を支点にすることで身体を起こすことができた。
座りの状態になってから少し休み、気力を振り絞って立ち上がることができ、物に寄りかかりながら水を飲むところまで行きつけて事なきを得た。
 
助けに来るのが当たり前だなどと言う気はない。
こんな息子を助ける価値がないのはよく分かる。
自分だってこんな息子に助けを求められたら同じことをすると思う。
ただ、父が自分の助けを故意に無視した可能性が高いことは書き記しておきたい。
 

2017年5月18日 (木)

サ行が言いづらい

数日前からサ行を言い間違えそうになることが多い
サ行の聞こえ方に違和感を感じた次の日くらいからサ行が言いづらくなった
口の中は変化なさそうなのだが何が原因なんだろう
たまに本当に言い間違えることもあるのでサ行がとても怖い
 

具合が悪い

ふらふらする
 

2017年5月17日 (水)

食べ過ぎていないのに食べ過ぎっぽい

食べ過ぎとしか思えない腹の痛さと息苦しさを感じているが、標準程度の量しか食べていない
 

2017年5月16日 (火)

音のない世界に行きたい

静かに過ごしたい
 

クズ親

父は無神経なので家のドアをバンバンと大きな音をたてて開け閉めする
今日はそれがあまりにも酷かったので耐えかねて抗議した
父は無神経なので自分がどれほどの音をたてていたか理解していなかった
横に居た母が「アパートの音じゃないの」などとすっとぼけた
そんなことは絶対にありえない
母は家族相手に嘘をつく人間だということをよく覚えておく
心の底から軽蔑する
 

顔にスパイク

グシャァ
 

2017年5月15日 (月)

頬がこけた

なんか変な痩せ方をしている
痩せるのはいいけどペースが急激すぎ
 

三日目を三年目と読んでいるヒトがいた

衝撃を受けた
 

2017年5月14日 (日)

サ行の子音が気持ち悪く思うようになった

自分のも他人のも
 

痩せた

何故なのか
 

家に帰るまでが帰宅です

至言
 

2017年5月 9日 (火)

fakebook

偽本
 

2017年5月 8日 (月)

足を炒めたという人

炒めちゃったかー
 

関西と西日本を混同するヒト

本当に人間?
 

どちらかが悪ければもう一方は悪くないことにしたがるイッパンジー

クソを天秤に乗せるな
 

備忘録

筋無力症
 

冷房が気持ちいい

部屋が冷えすぎていて、最近の自分ならとっくに具合が悪くなっていると思うのだが、今日はとても気持ちよくて冷房を切りたくない。
元々自分は冷房がとても好きであり冬以外はつけっぱなしにしていたので、昔の身体に戻ったような感覚。
 

頭悪すぎない?

出来事を投稿したら自慢だの楽しんでるだのと変換する人が一定数いるようだが、本気で言っているのだろうか
 

2017年5月 7日 (日)

ユーリオンアイス

女性向けだろうとは思っていたが、あまりに下品でひどかった
ただ、スケート内容のクオリティの高さには本当に驚かされた
 

体力が回復しない

半日休んでも回復の兆しがない
 

熱が39度ある時のように衰弱している

熱はそれほどない
 

衰弱

身体を何カ所か痛めたので風呂に入りたいと思いつつ、
今は風呂に入るための体力がないと感じて今日は風呂に入れなかった
 

左手でマウスが持てない

別のことで酷使したら痛めた
 

三浦竜王

いい響き
 

若者のリンゴ離れ

じわる
 

実名でネットで暴れる人達

実名でネットやって他人を煽るなどして反撃されたら名誉棄損だとか言う行為、タチの悪い当たり屋では
 

2017年5月 6日 (土)

頭痛

酷い頭痛は死を感じるものだと知った
 

冷房がまた苦手になった

部屋の冷房はろくに効かないのに冷房をつけると具合が悪くなる
この症状は年々悪化している
 

分からない

分からないことを素直に「分からない」と認識するのはそんなに難しいことだろうか
なぜ思い込みでデタラメに補完してしまうヒト達がいるのか
 

2017年5月 4日 (木)

お前らは文章を読めない

馬鹿でも読める文章を書いてもらえると思うな
馬鹿が文章を読まなければいい
お前らに文章を読む能力は無い
 

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »