« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の12件の記事

2013年2月28日 (木)

少女セクト

「私の永遠の片思い…忘れてしまえれば楽になれるのに、私の足は勝手にあの公園へと向かう。
『彼女の不在がいつまでも私に痛みを与えますように…』
そう願いながら、癒えかけた傷を自分の手で掻き毟るのだ」
 

2013年2月27日 (水)

「おこなの?」

きもい死ね
 

2013年2月26日 (火)

すずか殴り

/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.r'    ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://{      .}-─-.、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::://,ハ      /::::::::::::::::`:::..、
::::::::::::::::::::/::::::_ノ ノ::::::::`:ー:::´:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
::::::::::::::∠::-ァ´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.
:::::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::i   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ
:::::::::|   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V    _,. -‐'" ̄
::::::::|   {::::::::::::/::::::::::::;:ィ´:::::::;:ィ´:::::::::/::i|::::::::::::::::::_,. -‐'" ̄
::::::::|.   V´ヽ/:::::::::/./::::::/ /:::::::/ /:/ |:::>=´
::::::::|    { /ヘ|::::::::/ /::/:∴/;∴゛`>‐'" ̄/ /
:::::::::|    V、_|::::::/  アテフ:::フ<_,.='"    / ./
:::::::::|    ヾ.|::::/i   // ◎/i        i  l
::::::::::|      |::/:::|  ヾ:_ _ ノ':li        \ \         _
::::::::::|    .|/i|:::|   ` ´´::::ハ       ヽ、__>、 ,. -‐'"_,. ̄´
::::::::::|_     |.|:|、 ;.:∴゛;・ヽ_〉  __/ァ-'"<_≦二_,. -──'"
:::::::::::| `ヽ  ノ |! \  .゛;.:゛く_ソ\_ノ /::::|:::|│:::::::::::::::
:::::::::::|   `<.  |   >,、 .:`´.''   ,. イ::::/|:::| |:::::::::::::::::
:::::::::::|   i ヾ:、     /  ー   ´   |:::/ |::|│:::::::::::::::
::::::::::|   │ ヽヽ   '`ヽ.___     /:/   |:| |::::::::::::::::

 

2013年2月24日 (日)

お願い!シンデレラ

実は全く知らない
 

2013年2月23日 (土)

お願い!シンデレラ

お願い、死んで
 

2013年2月22日 (金)

「奇跡」を英語で

ミラクル(笑)
 

2013年2月21日 (木)

アインシュタイン・ナハトムジーク

アーノルド・フランケンシュタイナー
 

2013年2月20日 (水)

力こそパワー、正義こそジャスティス

下着こそブラジャー は違うよバカ
 

2013年2月19日 (火)

飽きた

ずっと眠っていたい
 

2013年2月18日 (月)

皆殺しにしたい

そんなことより眠っていたい
 

2013年2月17日 (日)

「はいか、いいえか、ハッキリして!」

ドラクエでもやってろ
 

2013年2月16日 (土)

正しいかどうかは無力だ

彼らはいつも印象ばかり
正論という言葉そのものさえ、人々に悪印象で受け入れられないものというイメージで汚されている
 

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »